粗大ごみの回収で行政と民間の違い|

株式会社ゼロインターナショナル

質問

粗大ごみの回収は行政と民間のどっちがいいの?

横浜のマンションに住んでいる者ですが、古くなった家具と家電を一部買い替えようと思ってマンションのゴミ置き場に捨てようとコンシェルジュに確認すると、粗大ごみは指定の業者を呼んで回収してもらうか、それぞれで業者を探すか、行政のサービスを利用するように案内されました。
燃やせないモノでもいつもゴミ置き場に捨てていたので、てっきり粗大ごみも捨てられると思っていたのですが、捨てられるものにはサイズ指定があって、いずれにしてもお金がかかるようなので、行政か民間のどちらを利用すればいいか悩んでいます。
どうぞ良きアドバイスをよろしくお願いいたします。

回答

手間の面では圧倒的に民間業者がお得です

料金的には市区町村で粗大ごみを処分する方が回収費用は安いと言われていますが、民間の不用品回収業者の中には、リサイクル品を再販することで回収費用を安くしてくれるところもあるので、費用面では一概にどちらがお得とは言い切れません。
市区町村の場合は、事前に有料粗大ごみ回収券を購入して、決められた収集日に指定の場所まで自分で運ぶ必要がありますが、民間の回収業者の場合は、自分の都合に合わせて自宅まで来てくれて、自分では何もしなくても全ての不用品を運び出してくれるので、手間の面で考えれば圧倒的に民間業者を利用した方がお得と言えるでしょう。
即日対応や土日の対応も、民間業者であれば可能となっています。

PageTop