不用品の処分はどこに任せるべきか?|粗大ごみ・不用品回収業者をお探しなら、株式会社ゼロインターナショナル<横浜・東京>

株式会社ゼロインターナショナル

質問

不用品の処分はどこに任せるべきか?

横浜の家はもうかなり古いですが、すでに主人もリタイアしていて、夫婦二人で死ぬまで何とか暮らせればいいと思っていましたが、今度次男夫婦に子供ができて、お嫁さんが出産後も仕事を続けたいということで、良ければこちらに同居して孫の面倒をみて欲しいということでした。
こんなに嬉しい話はないので、予定を変更して家をリフォームすることにしましたが、そのためには大量の不用品を処分しなければいけません。
こんなことを貴社に聞くのもどうかと思いますが、行政と回収業者のどちらに任せるのがいいでしょう?

回答

メリットとデメリットを考えて処分方法を

それぞれに、メリットとデメリットがあります。
行政で不用品の回収をしてもらう場合は、やはり費用面で安くなるのが大きなメリットです。
ゴミの日に捨てられるものなら、完全無料で処分できます。
しかし粗大ごみなどは、指定の回収場所に運んだり、ゴミ収集所に持ち込むなど、どうしても手間がかかってしまいます。
その点、弊社のような不用品の回収業者に依頼する場合は、行政のように指定された日にちにわざわざ運び出す必要もないし、電話一本で自分の都合に合わせて不用品の処分ができます。
費用面では割高になる可能性が高くなりますが、弊社では回収した不用品を海外にも輸出するなど、できだけリサイクルするようにして、処分費用を安くしています。
また、ゴミの分別を徹底することでも、できるだけお客様の負担を軽減させています。

PageTop