横浜の不用品処分ならお任せ下さい。

株式会社ゼロインターナショナル

横浜の不用品処分【ポイントとFAQ】

引越しや断捨離や大掃除などで、不用品の処分が必要になったのであれば、横浜の株式会社ゼロ・インターナショナルにお任せください。
横浜、神奈川、東京を中心に、アパート、マンション、ビル等のオーナー様、不動産会社様、管理会社様向けに、不用品、粗大ゴミなどの収集運搬を行っています。
お部屋からの不用品やゴミの運び出しも行っているので、どうやって片付けしていいのか、不用品をまとめればいいのかお困りの方も、そのままの状態で弊社までご相談ください。
ご連絡いただければ、すぐに現場へ急行して、その場で作業することも、無料で御見積書を提出することも可能です。
高齢のため、施設に入居することになった、今後のために荷物を少しでも減らしておきたいなどとお考えの個人のお客様にも、喜んで対応させていただきます。

不用品処分 横浜

大量の不用品を処分する場合は、やはりどのくらいの料金がかかるのか心配になるでしょう。
ご連絡いただければ、詳しく処分したいお品物の情報をお聞きして、できる限り正確な金額をお伝えいたします。
その他不用品に関することなら、無料でご相談に乗らせていただきますので、どうぞお気軽にお電話ください。

01横浜で不用品処分業者を利用するべき理由とは?

引越しシーズンで荷物の整理や片付けに日々追われ不用品処分をどうしようかと悩んでいる方、物件のオーナー様や管理人様で退去者が残した残置物の処理にお困りの方は少なくはないでしょう。普通ごみに出せず、自治体の粗大ごみ回収に来てもらうにも日程が合わない場合や、自分で運ぶのが大変な場合、量が多すぎると言う場合は利用できません。そのような場合に便利なのが不用品回収業者です。
業者の中には回収専門業者と買取対象品があれば買取してくれる業者があります。買取対象品があればお得な感じがしますが、回収品の金額が高かったり、回収不可の品物は残されてしまうケースもあります。一度に全てを処分してしまいたい、あまり時間がない場合には回収専門業者にまとめて回収してもらうのが有効です。
横浜にある粗大ゴミ・不用品回収業者はお部屋の運び出しから運搬までスタッフが行ってくれるのですが、プロが作業を行うため迅速で丁寧。お客様の貴重なお時間を余分に取らせません。回収したものは海外へ輸出・販売したり、徹底した分別で処分費用を抑えているため格安料金を実現しています。
ご自身で運ぶ必要がなく、お得な価格で処分出来るコスパの高い業者ですので、不用品処分にお困りの方にお勧めです。

02不用品処分にお困りの方、業者の利用が初めての方

不用品を処分する際、「出来るだけ費用を掛けず処分したい」と言う方が圧倒的に多いと思います。
「費用がかかっても自分で労力を掛けたくない」と言う方もいるでしょう。「不用品の量が多すぎて対処できない」ケースはや引越し、遺品整理などでよくあるご相談です。
行政が行うゴミ回収は決められたルールに従う必要があるため、大型ごみの回収を依頼しても決められた日程に合わせ、指定場所に運ぶことが必須です。このような対応が難しい場合は不用品回収業者に回収処分を依頼するのが得策でしょう。
行政の大型ごみ回収と違う点は、不用品の点数に上限がないこと、まとめて回収してくれること、運び出し・搬出作業をスタッフの方が行ってくれること、希望する回収日程に合わせてもらえる可能性がある、などが挙げられます。デメリットは回収費用が行政の回収料金よりも高いことです。しかし、運び出しを行ってくれる点を考慮することも大切です。また、業者によっては大きな家具の解体作業や、家電の取り外しを無料で行っているところもあるため、サービス内容が充実した業者を選ぶことでメリットの高い不用品処分が出来ます。

不用品処分にお困りの方、業者の利用が初めての方

03不用品処分する際にあった3つのお悩みについて

不用品の処分に困った時、回収業者を探す際には必ず行政許可業者であるか確認した上で依頼するのが大切なポイントです。また、お客様が想定されていたことと異なるサービス内容であった場合、"悪徳業者かも"と思われる方がいますが、業界では一般的と言うケースが多々あります。よくホームページを見ると確かに記載があるため、勘違いしやすいことの中から3つをピックアップしました。

1.不用品買取業者とのことだったが、買取してくれたのは1点だけでそれ以外のモノは回収費用を取られた
→不用品買取業者のサービスは回収する不用品の中に買取可能な物があれば買取るというものなので、お客様の不用品を全て買取してくれるわけではありません。そのため、買取対象とならない品物は回収処分費用が請求されます。

2.まだ使える家電なのに製造から5年以上経過しているため買取不可と言われた
→家電製品の買取対象は製造から5年以内というのが一般的です。再販する際の市場ニーズに伴うものであり、こういった買取対象品についてのアナウンスがホームページに記載されています。もし、記載がなければ事前に確認されるのが賢いでしょう。

3.回収費用以外にも搬出費用などの追加料金を請求された
→回収費用を極力抑えるためにお客様のご協力を頂いたり、階段による搬出やトラックの停車場所までが遠い理由から追加料金が発生するケースがあります。
業者から事前に連絡がない場合は誠意に欠けると言える為、クレーム対象でもおかしくありません。ご依頼者様も念のため、作業前に追加料金の有無を確認され、料金に納得の上で依頼されるのが賢明です。

04引越し時の不用品処分の方法、種類について

引越し時は、不用品の量が多く、その処分に困ることが多いものです。少しでもラクに、費用をあまりかけず処分できる方法や取り扱う業者の種類について解説してみましょう。
・不用品回収業者に依頼する 不用品の種類によっては自治体が指定した粗大ゴミ収集業者に引取り依頼することが出来ます。民間の不用品回収業者に依頼する事も可能ですので、その際は行政の許可業者であるか確認しましょう。
「一般廃棄物収集運搬業務許可」や「産業廃棄物収集運搬許可」を取得している正規の不用品回収処分業者に依頼すると安心です。回収業に特化しているため、不用品の量を問わず、故障していたり、古い物であっても回収してもらえるため、一気に片づけたい方に適しています。
・フリマアプリやネットオークションで売却する 購入してから使用が浅いものや、状態の良いもの、人気商品であれば、直接購入者とやり取りできるサイトを利用するのがお勧めです。高額で売れる期待値が高い反面、発送作業や質問への対応、引越しまでに売却出来なかった場合の対処に問題ない場合は有効な方法と言えます。
・リサイクルショップで売却する リサイクルショップへ直接持ち込む方法もあれば、ご自宅まで回収運搬に来てくれるお店もあり、自分に都合の良い方法が取れます。高額買取はあまり期待できないと言われますが、再販可能な品物であればサイトやアプリでの売却より手間がかからずラクに処分出来ます。
・引越し業者に引取り依頼する 引越し業者の中にはオプションで不用品の回収を行っている場合もあります。引っ越しギリギリまで品物を使用出来ることや、引越しと同時に作業が終わるなどのメリットがあります。

05不用品処分・粗大ごみ回収運搬を行う横浜の会社の対応エリア

このようなことにお悩みではありませんか?
・大量のごみに困っている
・粗大ごみを処分したいが、どうにも出来ないまま放置している
・片付けたいが分別ができていない。大変すぎる
・高齢の親の入院を機に家財整理を行い、持ち物を減らしたい
・不用品があるがどのように処分するか分からない
これらは、マンションオーナー様や管理人様などが住人様から相談された粗大ごみ、不用品に対するお悩みです。ある人は仕事が忙しく、
「自治体の粗大ごみ収集に対応する時間が取れない」「ごみを出しそびれ室内にゴミが溜まっている」という状況にあり、不用品処分が出来ずにいます。また、荷物の片づけをしたものの、どのように処分してよいか分からないケースも珍しくありません。
分別が厳しくなっている昨今、ごみを出す際には注意が必要だからです。そして、ご高齢の方など、ゴミの処理が体力的に難しい場合もあり、家の中に不用品が溜まっていく事例も決して珍しくないのです。
物件のオーナー様や管理会社様にとってはお部屋の管理上、見逃せないと思いますので、このようなケースには不用品処分を専門とする行政許可業者へ依頼されてはいかがでしょうか。
横浜に本社のある会社では、神奈川県、東京都を中心に対応しており、千葉県、埼玉県も回収運搬のご相談が可能です。

06横浜の不用品処分料金の目安とは

横浜に不動産をお持ちのオーナー様や法人様を対象に不用品処分・運搬を行っている行政許可業者があります。法人様がお悩みとされる契約者の残置物の処理を代行するもので、1品からお部屋丸ごとまでに対応しています。分別の作業代行もしてくれますので、オーナー様や管理会社様のお手間がかからず、迅速対応で物件の片付けが完了するためお勧めです。
こちらの業者ではあらゆる品物の回収処分をしていますが、その中で残置物に多い品物の回収料金をご紹介しましょう。品物の大きさや、運搬に2名以上の作業員を要する場合などは料金が変わりますので、参考価格としてご覧ください。

横浜の不用品処分料金の目安とは

お部屋の残置物に多い不用品の処分料金の目安
食器棚:\1,500〜
たんす:\1,000〜
机・テーブル:\500〜
いす:¥500〜
布団:\500〜
カーテン:\500〜
ラック・テレビ台:\1,000〜
カーペット、ホットカーペット類(2畳以内):\500〜
下駄箱(最も長い辺が1m以内):\1,000〜
鏡台(最も長い辺が1m未満):\1,000〜
畳:\1,000〜
書棚:\1,000〜
ソファ:\1,500〜
ベッド枠(シングル):\2,000〜
マットレス(シングル):\4,000〜
扇風機、除湿器:\500〜
ストーブ・ヒーター(ガスストーブを除く):\500〜
こたつ(最も長い辺が1m未満):\1,000〜

07横浜の不用品処分業者のニーズが高い3つのポイント

粗大ごみや不用品処分の機会、そして処分量が多い法人様にとっては、業者選びが大きな課題ではないでしょうか。何故なら、不法投棄を平然と行ったり、適切な分別処分を行わない業者が多く、何らかのきっかけで依頼者の元へ連絡が来ることがあったり、料金が不透明であることなどトラブルが多いからです。このことからも、行政の許可業者へ依頼するのが賢明と言えます。
横浜に法人様を対象に取り組みをしている不用品処分業者があり、東京・横浜を中心に営業されていて、企業様からのニーズが高いことで知られています。
こちらの会社が選ばれる3つのポイントを挙げてみました。

●格安料金
店舗を持たず、回収したものは海外へ輸出や販売を行う他、徹底した分別処理にて処分費用を抑えています。こういったコスト削減により、お客様へ格安料金での提供を可能としています。大量の処分品が発生する場合でも処分費用の負担を抑えられます。

●不用品の量を問わず回収可能
不用品は1個からでも回収に来てもらえます。一軒丸ごとの大量から少量までに対応していますので、気兼ねなくご相談頂けます。

●放置自転車やバイクなどの車輛にも対応
使用者の分からない自転車やバイクの放置にお困りの法人様に、車輛の無料回収を行っています。
1台からでも回収が可能です。クレーム対応代行(別途費用)のご相談にも対応しています。

08法人様限定の不用品処分業者が選ばれる他社との違い

アパートやマンションなどの賃貸物件、貸倉庫などを所有されている不動産会社の方は、入居者との契約が終了し、退居してから初めて室内を確認することになります。
次の契約者を迎えるためのリフォームや清掃をすぐにでも開始し、空室状態を短縮することが望まれますが、すぐに取り掛かれない部屋が多数あるのが現実です。それは家具や家電、布団やカーテンなど、それまでの住人が残したまま引っ越してしまった品物を処分しなくてはいけない場合や、部屋の状態が悪く補修工事が必要な場合です。孤独死が発見されたお部屋は、亡くなった時のままの状態であり、ご遺族が管理会社に処分を依頼することもあります。このような事態に管理人が1人で対応するのは難しく、外部の業者へ委託されるケースは珍しくありません。
横浜に法人様とのお取引に限定している不用品処分業者があります。管理会社様や不動産のオーナー様がお困りの残置物や粗大ごみの回収処分を行っています。横浜市の一般廃棄物収集運搬業許可、産業廃棄物収集運搬許可、古物商許可などを取得した許可業者ですので安心です。回収業者が増える昨今、無許可で営業を行い、適切な分別・廃棄処分を行わない業者も多く社会問題になっています。許可業者をお選びいただくことで、後のトラブルが避けられ、近隣に配慮した回収作業が期待できます。

09横浜の不用品処分業者への相談事例

賃貸物件でのゴミ屋敷化したお部屋の問題、騒音や迷惑行為、家賃の滞納など、賃貸契約の違反行為へのお悩みを持たれるオーナー様や不動産関係者の方は多いものです。退去が決まった際にもお部屋の状態が悪かったり、大量の残置物、夜逃げ状態で荷物は処分してくれたらいいと言わんばかりのマナーの悪い人も散見されます。物件の管理者の方はその度に対応に追われていることでしょう。
不用品処分時には分別が必須であり、簡単に処分することが出来ません。このような時に重宝するのは、企業様・法人様を対象に絞った行政の許可を受けている不用品処分業者です。
横浜にある行政許可業者にお聞きした相談事例をご紹介しましょう。

横浜の不用品処分業者への相談事例

ご主人様がご存命の頃から長く賃貸契約頂いている奥様がこの度施設に入られることになり、持ち物を整理したいとご相談があったそうです。管理人様が代行してご連絡を下さったのは、お子様が遠方に住んでいるため身近で頼れる管理人様へお願いがあったからのご様子です。
高齢の方にとって荷物の片づけや移動は、体調を壊しかねない負担の大きいものです。通常は立合いなしで作業を進めて参りますが、あえて管理人様に立合いをお願いし、奥様に確認しながら不用品処分の品物を分けていきました。家具類や家電、マッサージ機など、数多くの不用品の中に買取対象品がありました。相殺させていただくと、思いのほか出費が少なくてよかったと喜んでいただけてよかったです。

10横浜の不用品処分収集・運搬業者へよくある3つの質問

東京・神奈川を中心に、ビルのオーナー様や不動産会社様、管理会社様向けの粗大ゴミ・不用品などの収集・運搬を行っている会社があります。賃貸契約者やテナントの退去にあたり、処分品を運び出しから廃棄まで一括して依頼することができます。
行政許可業者ですので、守秘義務や廃棄物の適正な分別処理の徹底など、信頼度の高い会社で知られており、安心してご相談頂けます。
こちらの会社にお問い合わせでよくある3つの質問を挙げて頂きました。
質問 不用品の回収費用が他社よりも安い理由は何ですか?
回答 回収したものは、海外へ輸出販売したり、分別を徹底することで処分費用を抑えているため、格安価格での回収を実現しています。
クライアント様にメリットを感じて頂けることで、継続したお付き合いが出来る事をより重視しています。
質問 個人が直接に不用品回収を依頼することは出来ますか?
回答 当社は法人様とのお取引に特化していますので、個人様とのお取引は行っておりません。
質問 一人暮らしの高齢者の方が亡くなられ、遠方のご遺族様より室内の荷物の処分を相談されているのですが、まとめて回収してもらうことはできますか?
回答 撤去するお荷物の量によるため、現地見積り(無料)をさせて下さい。その上、料金の確認をさせて頂き、正式な契約となりましたら回収日時をご相談させて頂きます。

11不用品処分時の業者選びの注意点

POINT 不用品処分をされるのは一般のご家庭だけではなく、企業や会社、店舗などの法人様でも不用品処分を適時行っています。
ここでは、法人様による不用品処分にフォーカスし業者選びの注意点を挙げてみましょう。

●自治体の許可を受けた事業者であるか
一般の家庭ごみや廃家電、破損、腐敗した家具などの廃棄物の回収や処分は、自治体から一般廃棄物収集運搬業許可を受けた事業者しか行えません。
現在は、この許可証の新規取得が難しいと言われており、限られた事業者しか正式に廃棄物収集は行えなくなっています。正規の事業者を利用することで適正な廃棄処分、守秘義務の徹底が守られるでしょう。

●取り扱いが丁寧であるか
依頼者様の中には、管理されている物件の契約者様から代行を依頼されているケースもあると思います。
不用品処分にあたり、業者が室内に立ち入り搬出を行う際のマナーや取り扱いの丁寧さも注意を置くべき点です。室内はもちろん、エレベーターや廊下を傷つけたり、大きな音を立てて搬出するようでは他の契約者からクレームとなります。このことからも、不用品処分業者としての経歴や法人対応している実績があるかを確認しましょう。

●見積りの詳細がきちんと記載されているか
不用品処分費用の見積りを依頼する際、細かく詳細が記載されているかチェックしましょう。
実際の現場にて行う見積りですから、立地や階数などを踏まえた見積りが出されるべきです。契約を取るために安く見積りし、回収当日に追加料金を請求する業者も多いため注意しましょう。

12不用品処分業界について

一般の家庭ごみや廃家電、破損したり腐敗した家具の廃棄物の回収や処分は、原則として自治体から一般廃棄物収集運搬業の許可を得た事業者のみが出来ることをご存じでしょうか。
現在は、新規取得が難しく、限られた事業者しか収集を行えないところ、無許可で業務を行う新規参入業者が多く問題になっています。
廃棄物処理法違反を受ければ、懲役や罰金が科せられます。無許可の業者に回集・処分を依頼した人がトラブルに巻き込まれる事例も数多くあるため、不用品を処分する際には業者選びを慎重に行う必要があります。
実際のところ、不用品の回収業者を探す時に重視されるのは、料金、希望日時に回収してくれる、家からの運び出しをしてくれるといったことが挙げられるでしょう。このような「依頼者の都合に対応し料金が安い」ことを逆手に取って営業する無許可の悪徳業者がいるため注意しなくてはいけません。
悪徳業者に依頼してしまった人の多くは、チラシやマグネットに掲載された業者を利用したケースが多いというデーターがあります。
利用者のアンケートで「満足していない」と答えた人は60%近くに及び、その多くは、掲載されていた料金に追加料金が加わり、最終的には高い料金を支払ったとのこと。一度依頼してしまうと、キャンセルしにくかったり、作業の内容に満足できなくても途中で断れず泣き寝入りとなる状況も珍しくありません。
このようなことに巻き込まれないためにも正規業者に依頼することが賢明です。

FAQ一覧

PageTop