横浜の不用品処分ならお任せ下さい。

株式会社ゼロインターナショナル

横浜の不用品処分【ポイントとFAQ】

引越しや断捨離や大掃除などで、不用品の処分が必要になったのであれば、横浜の株式会社ゼロ・インターナショナルにお任せください。
横浜、神奈川、東京を中心に、アパート、マンション、ビル等のオーナー様、不動産会社様、管理会社様向けに、不用品、粗大ゴミなどの収集運搬を行っています。
お部屋からの不用品やゴミの運び出しも行っているので、どうやって片付けしていいのか、不用品をまとめればいいのかお困りの方も、そのままの状態で弊社までご相談ください。
ご連絡いただければ、すぐに現場へ急行して、その場で作業することも、無料で御見積書を提出することも可能です。
高齢のため、施設に入居することになった、今後のために荷物を少しでも減らしておきたいなどとお考えの個人のお客様にも、喜んで対応させていただきます。

不用品処分 横浜

大量の不用品を処分する場合は、やはりどのくらいの料金がかかるのか心配になるでしょう。
ご連絡いただければ、詳しく処分したいお品物の情報をお聞きして、できる限り正確な金額をお伝えいたします。
その他不用品に関することなら、無料でご相談に乗らせていただきますので、どうぞお気軽にお電話ください。

01横浜で不用品処分業者を利用するべき理由とは?

引越しシーズンで荷物の整理や片付けに日々追われ不用品処分をどうしようかと悩んでいる方、物件のオーナー様や管理人様で退去者が残した残置物の処理にお困りの方は少なくはないでしょう。普通ごみに出せず、自治体の粗大ごみ回収に来てもらうにも日程が合わない場合や、自分で運ぶのが大変な場合、量が多すぎると言う場合は利用できません。そのような場合に便利なのが不用品回収業者です。
業者の中には回収専門業者と買取対象品があれば買取してくれる業者があります。買取対象品があればお得な感じがしますが、回収品の金額が高かったり、回収不可の品物は残されてしまうケースもあります。一度に全てを処分してしまいたい、あまり時間がない場合には回収専門業者にまとめて回収してもらうのが有効です。
横浜にある粗大ゴミ・不用品回収業者はお部屋の運び出しから運搬までスタッフが行ってくれるのですが、プロが作業を行うため迅速で丁寧。お客様の貴重なお時間を余分に取らせません。回収したものは海外へ輸出・販売したり、徹底した分別で処分費用を抑えているため格安料金を実現しています。
ご自身で運ぶ必要がなく、お得な価格で処分出来るコスパの高い業者ですので、不用品処分にお困りの方にお勧めです。

02不用品処分にお困りの方、業者の利用が初めての方

不用品を処分する際、「出来るだけ費用を掛けず処分したい」と言う方が圧倒的に多いと思います。
「費用がかかっても自分で労力を掛けたくない」と言う方もいるでしょう。「不用品の量が多すぎて対処できない」ケースはや引越し、遺品整理などでよくあるご相談です。
行政が行うゴミ回収は決められたルールに従う必要があるため、大型ごみの回収を依頼しても決められた日程に合わせ、指定場所に運ぶことが必須です。このような対応が難しい場合は不用品回収業者に回収処分を依頼するのが得策でしょう。
行政の大型ごみ回収と違う点は、不用品の点数に上限がないこと、まとめて回収してくれること、運び出し・搬出作業をスタッフの方が行ってくれること、希望する回収日程に合わせてもらえる可能性がある、などが挙げられます。デメリットは回収費用が行政の回収料金よりも高いことです。しかし、運び出しを行ってくれる点を考慮することも大切です。また、業者によっては大きな家具の解体作業や、家電の取り外しを無料で行っているところもあるため、サービス内容が充実した業者を選ぶことでメリットの高い不用品処分が出来ます。

不用品処分にお困りの方、業者の利用が初めての方

03不用品処分する際にあった3つのお悩みについて

不用品の処分に困った時、回収業者を探す際には必ず行政許可業者であるか確認した上で依頼するのが大切なポイントです。また、お客様が想定されていたことと異なるサービス内容であった場合、"悪徳業者かも"と思われる方がいますが、業界では一般的と言うケースが多々あります。よくホームページを見ると確かに記載があるため、勘違いしやすいことの中から3つをピックアップしました。

1.不用品買取業者とのことだったが、買取してくれたのは1点だけでそれ以外のモノは回収費用を取られた
→不用品買取業者のサービスは回収する不用品の中に買取可能な物があれば買取るというものなので、お客様の不用品を全て買取してくれるわけではありません。そのため、買取対象とならない品物は回収処分費用が請求されます。

2.まだ使える家電なのに製造から5年以上経過しているため買取不可と言われた
→家電製品の買取対象は製造から5年以内というのが一般的です。再販する際の市場ニーズに伴うものであり、こういった買取対象品についてのアナウンスがホームページに記載されています。もし、記載がなければ事前に確認されるのが賢いでしょう。

3.回収費用以外にも搬出費用などの追加料金を請求された
→回収費用を極力抑えるためにお客様のご協力を頂いたり、階段による搬出やトラックの停車場所までが遠い理由から追加料金が発生するケースがあります。
業者から事前に連絡がない場合は誠意に欠けると言える為、クレーム対象でもおかしくありません。ご依頼者様も念のため、作業前に追加料金の有無を確認され、料金に納得の上で依頼されるのが賢明です。

04引越し時の不用品処分の方法、種類について

引越し時は、不用品の量が多く、その処分に困ることが多いものです。少しでもラクに、費用をあまりかけず処分できる方法や取り扱う業者の種類について解説してみましょう。
・不用品回収業者に依頼する 不用品の種類によっては自治体が指定した粗大ゴミ収集業者に引取り依頼することが出来ます。民間の不用品回収業者に依頼する事も可能ですので、その際は行政の許可業者であるか確認しましょう。
「一般廃棄物収集運搬業務許可」や「産業廃棄物収集運搬許可」を取得している正規の不用品回収処分業者に依頼すると安心です。回収業に特化しているため、不用品の量を問わず、故障していたり、古い物であっても回収してもらえるため、一気に片づけたい方に適しています。
・フリマアプリやネットオークションで売却する 購入してから使用が浅いものや、状態の良いもの、人気商品であれば、直接購入者とやり取りできるサイトを利用するのがお勧めです。高額で売れる期待値が高い反面、発送作業や質問への対応、引越しまでに売却出来なかった場合の対処に問題ない場合は有効な方法と言えます。
・リサイクルショップで売却する リサイクルショップへ直接持ち込む方法もあれば、ご自宅まで回収運搬に来てくれるお店もあり、自分に都合の良い方法が取れます。高額買取はあまり期待できないと言われますが、再販可能な品物であればサイトやアプリでの売却より手間がかからずラクに処分出来ます。
・引越し業者に引取り依頼する 引越し業者の中にはオプションで不用品の回収を行っている場合もあります。引っ越しギリギリまで品物を使用出来ることや、引越しと同時に作業が終わるなどのメリットがあります。

05不用品処分・粗大ごみ回収運搬を行う横浜の会社の対応エリア

このようなことにお悩みではありませんか?
・大量のごみに困っている
・粗大ごみを処分したいが、どうにも出来ないまま放置している
・片付けたいが分別ができていない。大変すぎる
・高齢の親の入院を機に家財整理を行い、持ち物を減らしたい
・不用品があるがどのように処分するか分からない
これらは、マンションオーナー様や管理人様などが住人様から相談された粗大ごみ、不用品に対するお悩みです。ある人は仕事が忙しく、
「自治体の粗大ごみ収集に対応する時間が取れない」「ごみを出しそびれ室内にゴミが溜まっている」という状況にあり、不用品処分が出来ずにいます。また、荷物の片づけをしたものの、どのように処分してよいか分からないケースも珍しくありません。
分別が厳しくなっている昨今、ごみを出す際には注意が必要だからです。そして、ご高齢の方など、ゴミの処理が体力的に難しい場合もあり、家の中に不用品が溜まっていく事例も決して珍しくないのです。
物件のオーナー様や管理会社様にとってはお部屋の管理上、見逃せないと思いますので、このようなケースには不用品処分を専門とする行政許可業者へ依頼されてはいかがでしょうか。
横浜に本社のある会社では、神奈川県、東京都を中心に対応しており、千葉県、埼玉県も回収運搬のご相談が可能です。

FAQ一覧

PageTop