横浜の粗大ごみ回収ならお任せ下さい。

株式会社ゼロインターナショナル

横浜の粗大ごみ回収【ポイントとFAQ】

横浜で粗大ごみの回収が必要なら、迷わず株式会社ゼロ・インターナショナルにご用命ください。
「管理しているマンションから、住人さんが夜逃げして大量のごみの処分で困っている」、「溜め込んだ粗大ごみを何とかしたいけど、自分たちはどうもできない」、「粗大ごみを処分したくても、分別の仕方がわからない」などと、粗大ごみなどの処分でお困り管理会社様、法人様、不動産会様もたくさんいるでしょう。
弊社では、神奈川および東京を中心として、千葉、埼玉でも粗大ごみ、不用品などの回収を行っています。
弊社では使用できなくなった家具や家電も、1台からでも回収いたしておりますが、気になる回収費用の目安は、ホームページ上に表記しておりますので、遠慮なく他社様と比較して、納得いただけましたらいつでもご連絡ください。

粗大ごみ回収 横浜

お問合せいただけば、状況を詳しくお聞きして、その場でおおよその概算を算出してお伝えすることも可能です。
大量にごみや不用品がある場合は、現場に直接お伺いして、正確なお見積りをお出しいたします。
もちろん金額に納得できない場合でも、出張費やお見積りにかかる経費は一切いただきませんのでご安心ください。
まずはお気軽にご相談ください。

01法人様におススメな横浜の粗大ごみ回収業者とは?

横浜でオーナー様、不動産・管理会社様など、法人様向けの不用品・粗大ごみ回収・運搬を行っている会社があります。管理物件内におけるバイクや自転車の不法投棄、残置物、粗大ごみの処理にお困りの場合に重宝する行政許可業者です。
業者によっては不法投棄を行ったり、適切な廃棄処分を行わない悪徳業者もあるため懸念される点だと思いますが、正規の許可業者へ依頼すれば安心です。
回収したものは海外へ輸出・販売したり、分別を徹底することで廃棄処分費を軽減するなど、低料金での回収を実現しています。孤独死やゴミ屋敷問題などが騒がれ、深刻な社会問題である昨今、物件を所有するオーナー様にとってはあまりに直接的な問題だと思います。所有される物件にそのような事故があれば原状回復への労力は計り知れないでしょう。また、賃貸物件で契約者様の高齢化により粗大ごみの処理や片付けが難しい場合、ゴミ屋敷化を防ぐためにも管理人様の協力は不可避です。その場合でも管理人様、契約者様の負担が抑えられ、速やかな対応をしてくれる業者は貴重です。
常にクリーンで安全、安心な物件を維持する強いパートナーとなるでしょう。

02粗大ごみ回収業者を探すのが初めての方へのおすすめポイント

新しい家具や家電に買い替える場合、既存品の処理をどうするか悩むものです。
高級ブランド家具や比較的新しい家電であれば高額買取が期待できますが、そのような魅力的な品物であれば手放さないものですし、身近な人で欲しい人、引き取ってくれる人がいるのではないでしょうか。多くの場合で粗大ごみに出すのは古い品物や状態が良くない物、故障して使えない物です。
このような場合は売れる望みを持たず、出来るだけ省力化して処分する方法を見つけるのが賢いと言えるでしょう。そして、回収費用が掛かることも避けられません。回収や廃棄処分するためにはコストがかかるため、無料での引取りはほぼありえないと言えます。
新しい家具を購入した時に古い家具を引取してくれるサービスがあるお店でもそれなりの引き取り料を請求されます。
出来るだけ早い対応で、家の中からの運び出しもしてくれる、回収費用が比較的安いとなると粗大ごみ・不用品回収専門業者が考えられます。
集合住宅にお住いの方でしたら、管理会社や不動産会社、管理人に相談すると企業を専門にしている回収業者を紹介してくれる場合があり、よりお得な価格で処分することが出来ますので参考にしてください。

粗大ごみ回収業者を探すのが初めての方へのおすすめポイント

03粗大ごみの処分に困った場合の3つのお悩みについて

ご家庭の廃棄物は市区町村の一般廃棄物処理業の許可を持った業者、または市区町村の委託を受けた許可業者しか回収出来ません。ところが、違法に回収している無許可業者も散見されるため、業者を探す場合には注意が必要です。粗大ごみの処分に困った方のご相談やお悩み事から3つを取り上げました。

1.粗大ごみ回収業者と不用品回収業者の違いが分からない

2.正規の業者かどうか見分ける基準はありますか?

3.チラシで回収費用無料と書かれていたのに実際には交通費や運搬費用を請求された


粗大ごみ回収は品物が古い、破損やキズ、汚れなどがあり再利用できない場合に処分費用を支払って回収してもらうのが目的です。一方、不用品回収は種類が多岐にわたる場合や、サイズが大きく1人で搬出が難しい場合、買取サービスを行っているなどリサイクルショップの要素も持ち合わせているのが特徴です。
粗大ごみ回収業者の中には量が多い場合や家の中からの搬出に対応している所もあるため、サービス内容は会社により異なると考えましょう。
廃棄物の回収・処分は冒頭で述べましたように一般廃棄物処理業の許可業者しか出来ません。ホームページなどで確認した上で選びましょう。
また、チラシなどで過剰な宣伝文句を載せている業者には注意が必要です。出張回収を無料サービスで行うこと自体がおかしいと思い、都合の良い文句に踊らされないようにしてください。

04粗大ごみ回収の種類について

家庭の日常生活から出されるごみで、一番長い辺または、径が30pを超えるもの、あるいは棒状で1mを超えるものが粗大ごみの大きさに値します。このサイズに満たない品物は、燃やすごみ・燃えないごみ、または小さな金属類として収集日に出すことが出来ます。
粗大ごみ収集は、行政の有料回収を申し込み、指定された日時に自宅前などに出すか、粗大ごみ受付センターに持込するかの2つの方法があります。
粗大ごみの種類は次のようになります。
・電気器具、ガス器具、石油器具類
・家具、寝具類
・趣味用品、スポーツ用品など
・上記品目に該当しないもの
・家庭の引越しや大掃除などで一時的に大量に出されるごみ
家電リサイクル法の対象となる家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、衣類乾燥機)は、行政の粗大ごみ回収には出せません。小売店には販売した製品の古い家電製品を引取る義務があります。買い替えなどではなく、処分のみという場合は家電リサイクル受付を行っているところに収集に来てもらうか、ご自身で持ち込む方法もあります。
粗大ごみをご自身で運ぶのが困難な場合や、家電4品目に該当する品物の処分を行いたい場合は、一般廃棄物処理業の許可業者に回収に来てもらうのが一番簡単な方法になります。
行政の回収よりも日時の融通がつきやすく、回収料金も大きく変わらないため、メリットが大きいと言えます。

FAQ一覧

PageTop